インフレに強い投資研究

 

キーワード:  評価損(含み損)   ボリューム・プロファイル   リスク管理   相対取引

−今日のFX用語−
ドルショート
「ドルショート」とは、ドルの売りポジションを持っている状態のことをいいます。


FX と元手

ドル円はほとんどの場合 わりと ボラティリティー が緩やかですので 、レバレッジは3倍から4倍程度でいいはずです 。 間違いなく 言えることは、将来 の相場 の展開を予測し、冷静さを継続 しながら淡々と売買 を繰り返せるかた が最も アドバンテージ だということです。

ロング(買い)から入る作戦 か、それともショート(売り)から入る戦略 かは、その時々の相場 の状況 によって判断すると対処 できます。 あと 、大切 ですから 覚えておいて欲しいのですが、金利が上がればカレンシー も上がるという特性 を持っています。

プロフィット 、損失 を出したらその理由を明確にし、次回の売買 から活かしていきたいですね。 一見相当 簡単 なことですが、基本的に 安定してリターン を出せると意欲 が沸きますね。


FX と為替

前もって 決めた利益確定ライン や損失確定レベル に到達したら、直ちに 機械的にポジションを解消する決断力が大切 です 。 ちかごろ は堅調な経済と豊富な資源という考え方 から、カナダドル(CAD)も好評 となっていますから、検討 したいところです。

それはそうと 、仕事をしている方でもわりと 問題なく取り引き できるのもFX の魅力的な点 でしょうか。 けど 、最初のうちはそこそこ ロス を経験したほうが、後々用心深く なれるので、それも良いと思います 。

オススメです!
光速不動産投資で早期に安定した資産形成

 

 

オススメのページへ

流れ と為替 の水準
取り引き 規則 の研究
意外 なボラティリティー に注意
FX のリスク
FX のリターン
FX で警戒 すること
FX のパターン
トレード 支出 をチェック しよう
売買 決まり の検証
取り引き パターン の検証
リスク を抑える型 とは

 

 
© Copyright